FC2ブログ

発達障害とカウンセリングの根幹

2019.12.02.21:42

こんにちは
今日は金山の[心の相談室with]に行き
竹内先生に発達障害についてレクチャーして頂いてきました。

12/15に行われる講座には都合がつかず行けないからです。

DSC_2821.jpg


私はH8より障碍福祉に携わってきましたので、ある程度の
知識はあるのですが、新しい情報、変化していること、その他
カウンセラーとして正しい知識を知っておく必要があるからです。

しかし、ネーミングもころころ変わり記憶力の弱い私は困ってしまいます。

・精神薄弱者→知的障害→知的能力障害群(この群はどうなんだろう?
・注意欠陥・多動性障害→注意欠如・多動性障害
・学習障害→限局性学習症(これはとてもイメージし易いですね)

全て新しい方が良いネーミングだと思いますが
そもそも最初のネーミング自体が対象者の方に失礼だったりします。

統合失調症も昔は、精神分裂病と呼ばれ、当事者の方々の
反発の声により改正されました。(精神薄弱者もそうです)

もともと私は「障害」という括り自体に疑問符を付けております。
当事者の方の為(守る)であるはずのものが、差別の対象と
なっている場合が多いからです。

「発達障害」と聞いて、どんなイメージが浮かびますでしょうか?
とっても劣っている感じがするのではないかなと想像するのですが。。。

その優劣の基準は何なのだろう?
その基準が換われば真逆にも捉えられるのです。

私はその彼ら彼女たちの秀ででいる部分をよく知っています。
とってもピュアな部分や拘りも環境が整えば凄い力(戦力)になります。

私のように怠けたりしません。
偉い誰かのように、平気で嘘もつかないし見下したりもしません。

サバン症候群の方々のように、凄い記憶力の持ち主は「凄い!天才!」
と称賛されたりする。ちょうど今の基準にフィットしているからですね。


先ずは正しい理解が浸透し、サポート体制が当たり前になって
欲しいものです。お互いに、サポートしたり、されたりしていきましょう!

障碍のことを書き出すと止まらなくなってしまうのでこの辺で終わりますね。

DSC_2825.jpg

そして、スーパーバイズも受けてきました。
そして、答えは「深い共感」でした。

自宅に戻り、心してカウンセリングを行いました。
そして、記録を書く際に、このマザーテレサの言葉が胸にしみた
本日でした。まだまだ日々精進です。

☆紅葉もまともに見ずに冬になりそうです

『心をほぐしに来ませんか?』1/12・2/9
 参加募集開始いたしました。詳細はこちら→☆☆☆


カウンセリングのご予約はこちらから⇒ ご予約フォーム

★一人で悩んでいませんか?
よかったらShineに来て話してみませんか?お待ちしています。
 
豊田のカウンセリングルームShine 心理カウンセラー吉井まゆみ
 ホームページはこちら→ https://shine2014.jp/

★いつも見ていただいて、どうもありがとうございます。
ランキングに登録しています。ID:9xrx6i
バナーをワンクリック 応援して頂くと嬉しいです。^^


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリング
にほんブログ村







スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

花束とアルジャーノン

Author:花束とアルジャーノン
通称・・まゆこ
誕生日・10/14
血液型・O型
出身地・福岡県
職業・心理カウンセラー
   福祉業
家族・夫
  息子3(独立)
   
好きなもの
人・花・海・ソフトクリーム
                    

 
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード